EPC契約
物や工場、発電所などの建設に関する契約の一つが、「EPC契約」です。

設計(engineering)、調達(procurement)、建設(construction)を含む、建設プロジェクトの建設工事請負契約を指します。

EPCを提供することを「EPCサービス」と呼ぶこともあります。
また、「ターンキー契約」もしくは「フルターンキー契約」という表現もほぼ同じ定義で使われたりもします。

工事を発注した人が、カギを回せばすぐにも稼働する状態まで請け負うので、こう呼ばれ、EPC契約を採用すれば、発注者にとっては、施工ミスや資材の高騰など設計・調達・建設にかかわるリスクを低減できるのです。

メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設プロジェクトでは、発電事業者との間で締結されることが多く、EPC契約を結んだ建設請負事業者が、発電システム全体の設計から手掛け、太陽光パネル、パワコーコンディショナー(PSC)、架台などの部材・資材などを選定して調達し、現場の土木・施工企業の手配や進捗の監理まで一貫して担当します。

また、メガソーラーの建設プロジェクトでは、発電事業者が特定目的会社(specific purpose company:SPC)の場合、EPC契約を結んだ建設請負事業者が、SPCにも出資して自らも発電事業者となっている場合も多く見られています。





有限会社フジ設計事務所では、設計(engineering)を行っております。
建設プロジェクトの一員に加えて頂ければと思います。


メガソーラーのほとんどはEPC契約による建設だ(出所:日経BP)

[クリックすると拡大した画像が開きます]