土地活用とは?
有限会社フジ設計事務所 HOME > 土地活用とは?
土地活用の意義・必要性

大切な資産である土地。けれど、ただ所有しているだけでは、土地は何も生み出してはくれません。
そればかりか、対策を講じていないと各種の税金をはじめ、維持費・管理費などがかさみ、財産になるどころか、
かえって大きな負債ともなりかねないのです。土地活用とは、土地という資産が本来秘めているポテンシャルを
最大限引き出して、このマイナスの連鎖を断とうというもの。
その基本は、土地オーナーの方の目的やご要望、そして、地域の特性や街のニーズに即した事業を行い、
土地オーナーの方々の資産の維持・形成はもちろんのこと、地域の発展にも積極的に役立ててゆこうというものです。



土地活用のメリット
たとえば、土地活用によって賃貸住宅事業や、商業施設事業、医療・介護事業などを始めたとしましょう。
そうすることでオーナーの方には、まず、その事業から上がる収益がもたらされます。
また、これら事業を経営することで、土地に課される固定資産税、相続税、所得税などについても、さまざまな節税効果が期待できます。
さらに、土地活用による事業が継続的に展開されることで、その地域に居住や就労で人口が増加するなど、近隣地域も含めた活性化にも一役買っていけます。
その結果、所有している土地の資産価値の上昇も牽引することができます。



土地活用のリスク
前述のように、土地活用は、様々なメリットがあります。
しかし、その一方で、土地を活用するにあたって、綿密な市場調査とそれに基づくしっかりとした事業計画もなく賃貸物件を建設してしまうと、空室のリスクや経営不安に付きまとわれるリスクがあります。
大切な土地や資産を守り、子や孫に継承させていくためにも、また、地域活性化のためにも、市場ニーズや将来を総合的に考慮して、所有地の魅力と価値を目覚めさせ、有効に運用していく土地活用が必要です。